« 明治モダニズムから昭和初期まで-少年少女向け漫画の誕生、玩具コレクターなど | トップページ | 蕗谷虹児展と石子順造展 »

2009年6月17日 (水)

大正末期の少年漫画覚え書き

少年少女雑誌に載った漫画が欧米風のコマを割った漫画形式を採り入れ始めるのは、だいたい大正末期で、「正チャンの冒険」が大正12年に掲載開始していますが、その後「のらくろ」に至るまでの期間となると、現実にはかなり多様なスタイルが生まれて混沌としている感があります(とはいうもののこの時期の雑誌をまとめて読んではいないのですが)。
大正と昭和の境では長崎抜天や藤井一郎がいますが、大正の子供向け漫画の代表的な作家である山田みのるが漫画漫文形式ではないコマ割りを割ったスタイルの漫画に取り組んでいたのを見つけて、この作家が大正14年に亡くなってしまったのは実に残念と思わずにいられませんでした。

|

« 明治モダニズムから昭和初期まで-少年少女向け漫画の誕生、玩具コレクターなど | トップページ | 蕗谷虹児展と石子順造展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196547/45372200

この記事へのトラックバック一覧です: 大正末期の少年漫画覚え書き:

« 明治モダニズムから昭和初期まで-少年少女向け漫画の誕生、玩具コレクターなど | トップページ | 蕗谷虹児展と石子順造展 »