« マンガ学の本がでます | トップページ | 大正末期の少年漫画覚え書き »

2009年5月20日 (水)

明治モダニズムから昭和初期まで-少年少女向け漫画の誕生、玩具コレクターなど

本棚に、山口昌男著「「敗者」の精神史」上下巻の紹介を載せました。
「『少女の友』創刊100周年記念号」の年譜に川端龍子の漫画に関する記載が載っていましたが、小杉放庵が漫画を描きはじめた明治30年代との比較で龍子の明治40年代からの活動が下巻のほうにきちんと書かれています。
博文館文化についても詳しく触れられていて、衰退期の仇花ともいえる『新青年』や『少年少女譚海』についても評価のコメントが記されていたと思います。

ちょっと詳しく書きたいのですがもう遅いので別の機会に。

|

« マンガ学の本がでます | トップページ | 大正末期の少年漫画覚え書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196547/45068400

この記事へのトラックバック一覧です: 明治モダニズムから昭和初期まで-少年少女向け漫画の誕生、玩具コレクターなど:

« マンガ学の本がでます | トップページ | 大正末期の少年漫画覚え書き »