« 少女マンガを含む貸本マンガ史の本がでた | トップページ | 忘れられた80年代少女まんがの展望へ向けて »

2006年3月31日 (金)

IT系の雑誌の休刊が続く(おまけ:「子供の科学」はすごいぞ)

ここではマンガ専門の話題に集中しようと思っていたのですが、時々イレギュラーな話題が入ってきます。
私はソフトウェア関係の仕事が本業ですが、ここ最近ASAHIパソコン、JavaPress、Internet Magazineと続けて休刊になりました。

 

JAVA PRESS Vol.47 Book JAVA PRESS Vol.47

販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Java Pressは隔月刊で1700円もするのですが技術者向けの記事は充実していました。創刊から8年、特に休刊とはっきり書かれてないようですが、不定期刊になるのでしょうか。

 

JAVA PRESS 特別総集編 Book JAVA PRESS 特別総集編

販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

総集編がPDFに収められたようなので、昔買ったバックナンバーとかはろくに読まなかったけどもうオークションなんかでは売れないかしら。収録されていない記事もあるようですが、この手の本は古本でも引き取ってくれないのですね。でも90年代初めの頃より前のソフトウェア工学の本は復刊したりしています。Javaが生まれて今年で十年、歴史をたどってみるのは面白い気もしますけれど。

そしてInternet Magazineですが、まだ最終号の写真が載っていませんね。

(載ったので差し替えました)

INTERNET magazine (インターネットマガジン) 2006年 05月号 [雑誌] Book INTERNET magazine (インターネットマガジン) 2006年 05月号 [雑誌]

販売元:インプレスコミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


こちらは創刊から12年経っており、かつてはプロバイダ選びのためによく購入しておりましたが、誌面の内容もずいぶん変わりました。最近はギガバイト単位でのホスティングも当たり前になってきて時代の流れを感じます。
特集はGoogleサービスの徹底解剖。ココログを使っている人はYahooを使っていてもGoogleを知らない人も結構多いのではないでしょうか(私の職場でもGoogle使ってない人は結構います)。いまやただの検索エンジンからえっこんな機能があるの?と驚くこと請け合いです。巻頭インタビューは元マイクロソフト日本法人社長の古川亨さん。今のマイクロソフトは技術動向を補足し切れていないことや、AppleのiPodの成功の本質が、音楽を聴くという文化を徹底的に掘り下げて理解して、マスターカードに匹敵するような課金と認証のシステムを作り上げ、クレジットカード会社もできなかった新しい社会インフラを作り上げたからだということを喝破していまして(それにしても日本のメディア産業の上層部は文化というものががわからないんじゃないですかね)、Google特集と合わせて必読といえましょう。

この二つの例は、インターネットが普及したことによって月刊、隔月誌という形態のメリットが感じられなくなってきたという出版社側の思惑の表れのようにも思います。最近は無料でも会員制のWebサイトが続々創設されており、マス向けではなくて読者の情報登録を用いて細かく密接にマーケティングしていこうということなのかもしれません。インターネットで儲けるには認証の仕組みは必須です。まだ一般的には不安も多いでしょうが、ソフトウェアやパソコン関係の受け手は積極的に参加していくようになるでしょうね。

ITのイメージというとライブドア事件でなんか魑魅魍魎うずまく世界のように思われる方もいるのかもしれませんが、ここ1,2年で新しい動きが出てきました。もっと生活も仕事も豊かにしよう、という意識改革がはじまっています。そこでJava Pressの版元が最近仕事術のムックを出しています。

 

Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~ Book Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~

著者:田口 元,安藤 幸央,平林 純,角 征典,和田 卓人,金子 順,角谷 信太郎
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本ですが、コンピュータ業界だけを対象としたものではなくて、どんな仕事をしている人であっても、仕事を楽しくしながらもっとクリエイティブに、そして質を高めようという方法論やツールの紹介をしています。ここでの一番大きな発想の転換は、デジタルツールなんかを使いこなせないよりも、文房具の使い方と手を使って書くことのほうがいいことがたくさんある、ということで、最近流行の手帳術にも通じるところがあり、よって誰にもお勧めできるものです。その一方で、Googleの全サービス活用法や、ブログ、RSSリーダなど「使える」デジタルツールの紹介もされていますので、自宅にパソコンがあってなにかクリエイティブに使いたい、というような方にもお勧めします。なおGoogleの活用編についてはInternet Magazineのほうがずっと見やすくてグッドです。

私はかつてPilot以来パームデバイスを使っていて、Visorなんかは完成度が高かったのですが、惜しむらくは拡張性に難があったこと。OSとしては モバイルのWindowsよりもずっと好きでした(ExcelやWord文書なんか見たいと思いますか?私はPanasonicのミニノートを持ち歩いています)ソニーがクリ エを出して、買い換えたものの、驚いたのはソフトがWindowsにしか対応しておらず(パームはMacOSっぽいというか、私が使った中では理想のダイナブック(東芝のノートにあらず)に一番近 かったと思います)、日本のソフト開発力は貧弱なのかと思ってとてもがっかりして、パーム自体が伸び悩んでだんだん使わなくなりましたので、ウォークマン がiPodに負けるのもむべなるかな、と思いましたね。CLIEの時点でやばい感じがしていたんです。MacOSのシェアが伸びないとしても、フォントのきれいさとか使い勝手のよさはWindowsが 追いつく可能性がいまだに見えませんので。あと思うのは、Mac用に親指シフトのキーボードをどうして出さないかとも思います。それから「本とコンピュータ」なんかを読んで思ったのは、いまだにワープロ専用機のOASYSを使っている人がけっこういてMacが好きな人も多いのに、日本のメーカーは技術が十分でないのか、それとも文化がわかっていないってことなのでしょ うか(Appleのノートはずっと大きくて、出版と関係の少ない職場にもMacはあまり導入されませんでしたけれど)。
でも携帯電話がPDAにとってかわるとはまったく考えていません。RSSリーダは最低限使えるものでないと意味がないので、PDAで通信できてWebブラ ウズできるのものが必須で、それに電話もかけられるものが出たら買うでしょう。そういうものが出たらノートパソコンをいちいち持ち運ばなくて良くなりま す。

ちょっと批判気味になってしまいましたが、でもITと関連して意識改革が進む時期に突入してきたかな、という感じはします。

最後に、Amazonにはみつからなかったのですが、二十何年ぶりに誠文堂新光社から出ている「子供の科学」(KOKA)を見つけて買ってみました。新入学シーズンで学研の科学、学習のほうは付録がえらく豪華になった感じでしたが(しかしけっこうお高いですね)、「子供の科学」は特別価格730円でちょっと薄いかなと思いつつ(といえども厚みは昔と変わりません)、付録のナイスな科学手帳がうれしいです。広告は私が子供の頃とはやはりずいぶん変わりましたが(昔は手作りのオーディオキットとかが多くて、いまじゃ考えられませんが)、よく飛ぶ紙飛行機の付録は健在です。昔作ったものでうまく風に乗ると滞空時間10分を超えるのもあったんですよ。急降下すると加速して、揚力で今度は急上昇して、ジェットコースターのような飛行を繰り返すという変わった飛行機でした。
科学マンガも載っていて、恐竜を絶滅させた原因の可能性とも言われている地磁気の話でした。地球の地磁気の消失と反転の歴史の表が乗っていて、えっこんなに変わってきたのか、と知っただけでも価値ありましたね。広告にはZ会の通信教育もあって、JavaScriptのプログラミングと、鉱石ラジオにトランジスタを一つくっつけて自作のバリコンとコイルで1石ラジオを作ろうという記事もあったりと、私は中学の頃この雑誌を読んで電子サイコロを自分で設計して作ったりしたものですが、このご時世でもこれはなかなかにすばらしい内容でありました。

追記(4/9) Amazonにはないのかなと思いましたが、検索ワードを「子供の科学 雑誌」とすると出てきます。写真はあるのですが品切れでここからリンク貼れないんで、5月号のまだ表紙のないリンクを張っておきます。

Book 子供の科学 2006年 05月号 [雑誌]

販売元:誠文堂新光社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみにこの雑誌は戦前から続いているそうで、戦前も子供向けの科学記事が載っていたそうです。国策の下ではどんな感じの記事になっていたのか、ちょっと気になりますね。

|

« 少女マンガを含む貸本マンガ史の本がでた | トップページ | 忘れられた80年代少女まんがの展望へ向けて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。